内視鏡科 医師募集

内視鏡科(胆膵スタッフ)医師募集

内視鏡科の紹介

  静岡県東部地域に胆膵内視鏡処置を専門とする医療機関が少ないため、当科には地域から多くの胆膵疾患の患者さんが受診されています。膵がん、IPMN、胆管がんの症例数はいずれも国内有数ですが、私達の主な内視鏡業務はこの様な疾患を持つ患者さんに対する(術前)精査および内視鏡的減黄術です。

  年間、ERCP関連手技は400~440例、胆膵EUSは140~170例、EUS-FNAは120~150例 (このうち膵EUS-FNAが100~120例)行っています。また、必要に応じてEUSガイドの胆管・膵管ドレナージ術や膵嚢胞ドレナージ術、腹腔神経叢破壊術も施行しております。特に手術件数の多い胆道がんの術前内視鏡処置件数が多く、外科治療に有用な情報の集積と効率的な胆管ドレナージを心がけています。がん専門機関ではありますが、がんとの鑑別が必要な腫瘤形成性膵炎、硬化性胆管炎等も多く、胆管結石の処置もERCP症例全体の1割以上を占めています。勿論、通常の上下部消化管内視鏡検査も時間が許す範囲で行っています。

  日常臨床のまとめとしては、週4日外科との合同カンファレンスやフィルムカンファレンスを行い、スタッフ・レジデント全員で見識の共有と刷新を図っています。また、臨床試験や他施設との共同研究、論文・学会活動にも積極的に取り組んでおり、臨床・研究の両面で専門分野のエキスパートを目指す医師にとっては最適な環境と考えております。

  胆膵内視鏡部門は今後さらに発展して行く領域であり、ともに切磋琢磨しながら作り上げて行く、暖かさとやる気があるスタッフを募集しております。
 

応募資格等

1 応募資格等 胆膵内視鏡業務を志望し、肝胆膵部門を主とした5年以上の内科業務の臨床経験があるか、日本消化器内視鏡学会専門医と同等の能力が見込まれる者
2 採用予定日 応相談

3 病院概要(R1.10.1現在)

稼働病床数607床(全病床数615床)
医師数239名(常勤155名、非常勤10名、レジデント74名)
4 身  分 地方公務員(静岡県職員)
5 配  属 静岡県立静岡がんセンター 内視鏡科
6 待  遇 県給与条例(医療職給料表)等による医師経験年数を考慮して職位等を決定
7 選考方法 当センター医師等採用委員会による書類選考及び面接選考

 

お問い合わせ

静岡県立静岡がんセンター  総務課企画人材班
電話:055-989-5743(直通) ● E-mail:scc-jinzai@scchr.jp
お問い合わせフォームは こちら

 

センター紹介

センター紹介