がん放射線療法看護分野

認定看護師教育課程TOP > がん放射線療法看護分野

教育目的

  1. がん放射線療法を受ける患者・家族に対して、
    治療を安全・確実に、かつ継続して行えるための個別的・全人的な看護を提供する能力を育成する。
  2. がん放射線療法看護の専門的知識と実践力を身につけ、
    看護スタッフへの指導・相談や関連する他職種と協働する能力を育成する。

放射線療法は、治療機器の向上により目覚ましい発展を遂げています。それに伴い、より高度な専門的知識をもってケアを提供できる看護師の育成が急務となっています。富士山の麓で、一緒に勉強してみませんか?

演習風景授業風景放射線を見てみよう!

教育内容・授業時間数

専門基礎科目
120時間
専門科目
135時間
学内演習・実習
255時間
がん看護学総論 15 治療完遂のための患者セルフケア支援 45 学内演習 30
がん放射線療法をうける患者・
家族理解と介入のための諸理論
15 がん放射線療法における安全管理 30 臨地実習 225
腫瘍学概論 15 有害事象の予防・緩和のための専門的看護
<総論>
15 ・
がん放射線療法概論 15 有害事象の予防・緩和のための専門的看護
<各論>
45
がん腫別の放射線療法と
集学的治療への適用
30 ・
がんの医療学 15

臨地実習協力病院(平成26年度)

臨地実習病院

静岡県

  • 静岡県立静岡がんセンター

東京都

  • がん・感染症センター都立駒込病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 公益財団法人 がん研究会有明病院

愛知県

  • 愛知県立がんセンター中央病院

施設見学協力病院(平成24年度)

静岡県

  • 静岡県立静岡がんセンター陽子線治療科
  • 国立大学法人 浜松医科大学医学部附属病院

千葉県

  • 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院
加速室
PAGETOP