利用約款

静岡がんセンター公衆インターネットLAN利用約款

(目的)
第1条 この約款は、静岡県立静岡がんセンター(以下「SCC」という。)が開設した公衆インターネットLANによるインターネット接続環境(以下「SCC公衆インターネットLAN」という。)の利用について、必要な事項を定めるものとする。

(利用者および利用機器)
第2条

  1. SCC公衆インターネットLANは、患者さん・ご家族等、SCCへの来訪者のうち、この「静岡がんセンター公衆インターネットLAN利用約款」に同意したものが利用することができる。
  2. SCC公衆インターネットLANの利用を希望する者(以下「利用希望者」という。)は、利用に当たり必要となる機器(電源は提供しないため、バッテリー等により動作する機器に限る)及びソフトウェアをあらかじめ用意しなければならない。
  3. SCC公衆インターネットLANの利用料金は、無料とする。

(提供する場所、利用可能時間等)
第3条

  1. SCC公衆インターネットLANの提供箇所、利用日及び時間等は次のとおりとする。
    提供箇所 利用時間
    本棟1階 陽だまりラウンジ(無線LAN) 24時間
    本棟1階 患者図書館・患者サロン 平日 9:00~17:00
    研究棟1階 ホワイエ・しおさいホール 24時間
    研究棟1階 交流サロン「いずみ」 24時間
  2. 上記にかかわらず、災害発生時など管理者が特に必要と認めた場合は、SCC公衆インターネットLANを使用できるものとする。

(公衆インターネットLANへの接続)
第4条

  1. SCC 公衆インターネットLANのSSIDは『FREESPOT』又は
    『’freespot’=SecurityPassword(AES)』とする。
  2. 『’freespot’=SecurityPassword(AES)』のSSIDを利用して接続する場合の、セキュリ
    ティの種類は『AES』、暗号化キー(パスワード)は『freespot』とする。
  3. 利用希望者がSCC公衆インターネットLANへ接続する場合は、あすなろ図書館の職員に申し出て、有線LANケーブルの貸与を受けるものとする。

(利用の手続)
第5条

  1. 利用希望者は本約款に同意の上、前条に従いSCC公衆インターネットLANに接続後、Webブラウザを表示させ、フリースポット協議会の定める「メール認証」の手続きにより、利用の申し込みを行うものとする。
  2. 前項の規定にかかわらず、災害発生時など管理者が特に必要と認めた場合はこの手続きを省略できるものとする。

(利用の承認)
第6条

  1. 前条の規定により、フリースポット協議会からパスワードの交付を受けたもの(以下「利用者」という。)は、Webブラウザに当該パスワードを入力することにより、Webブラウザでのインターネット利用が可能となるものとする。
  2. 前項の規定にかかわらず、メール受信プロトコルによるメール受信は利用ができるものとする。
  3. パスワードは発行後2時間のみ有効とし、有効期間経過後はあらためて利用手続を行うものとする。
  4. 本条の規定にかかわらず、フリースポット協議会の定める「事前登録」その他の方法により接続する場合は、これを妨げない。

(パスワードの管理)
第7条

  1. 利用者は、交付されたパスワードを及び利用を申し込んだ機器を厳重に管理するものとする。
  2. 利用者は、利用を申し込んだ機器と異なる機器利用する場合は、あらためて認証を受けなければならない。また、交付されたパスワードを他の機器において使用することはできない。
  3. パスワード及び機器の管理が不十分なことにより発生した事故、使用上の過誤、又は第三者からの不正アクセス等により生じた損害の責任は利用者が負うものとし、管理者は一切の責任を負わないものとする。

(利用者資格の停止・取消)
第8条 利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、管理者は事前に通知することなく、直ちに当該利用者の利用者資格を停止若しくは取り消すことができるものする。

  1. 虚偽の内容で利用申込みを行ったことが判明した場合
  2. 前条及び第9条で禁止している事項に該当する行為を行った場合
  3. 前各号に掲げるもののほか、本約款に違反した場合
  4. その他利用者として不適切と管理者が判断した場合

(禁止事項)
第9条

  1. 利用者は、次に掲げる行為をしてはならない。
    (1) 第三者、他の利用者若しくはSCCに不利益又は損害を与える行為及び与えるおそれのある行為
    (2) 第三者を誹謗中傷する行為
    (3) 公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為若しくは公序良俗に反する情報を提供する行為
    (4) 犯罪的行為又は犯罪的行為に結び付く行為若しくはそのおそれのある行為
    (5) 選挙期間中であるか否かを問わず選挙運動又はこれに類する行為
    (6) 性風俗、宗教又は政治に関する行為
    (7) ID及びパスワードを不正に使用する行為
    (8) コンピュータウイルス等の有害なプログラムを、SCC公衆インターネットLANを通じて又はLANに関連して使用し若しくは相手方の同意の有無にかかわらず送付又は提供する行為
    (9) 通信販売、連鎖販売取引、業務提供誘引販売取引及びその他の目的で特定又は不特定多数に大量のメールを送信する行為
    (10) ファイル共有ソフトウェアの使用及び著しく大量なデータ通信
    (11) 利用者に通常許されていない他ネットワーク、他機器への侵入、若しくはそれらを攻撃する行為
    (12) 専らSCC公衆インターネットLANを利用することのみを目的として、SCCの設備等を長時間占有する行為
    (13) 前各号に掲げるもののほか、法令に違反し若しくは違反するおそれのある行為又は管理者が不適切と判断する行為
  2. 前号に該当する利用者の行為によって、SCC、利用者本人及び第三者に損害が生じた場合は、利用者はすべての法的責任を負うものとする。

(運用の中止と制限)
第10条

  1. 管理者は、次のいずれかに該当する場合、SCC公衆インターネットLANの利用を中止することができるものとする。
    (1) SCC公衆インターネットLANのシステムの保守又は工事を定期的又は緊急に行う場合
    (2) 暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、当LANの運用が通常どおり実施できなくなった場合
    (3) SCC公衆インターネットLANのシステムに係る設備やネットワークの障害等、やむを得ない事由がある場合
    (4) その他、管理者がSCC公衆インターネットLANの運用上、一時的な中断が必要と判断した場合
  2. SCC公衆インターネットLANの利用の中止により、利用者又は第三者が被ったいかなる損害についても、管理者は一切の責めを負わないものとする。
  3. 管理者は、全ての利用機器若しくは特定の利用者のアクセスログの収集及び閲覧、MACアドレスの管理を行い、これにより特定のWebサイトへの接続あるいは無線LANへの接続を制限し、またはSCC公衆インターネットLANの適切な使用を利用者に指示することができる。

(免責)
第11条 管理者は、次に示す事項及び利用者がSCC公衆インターネットLANを使用することによって発生した損害、損失、請求並びに求償権などを含む、その他一切の責任を負わないものとする。

  1. SCC公衆インターネットLANのサービスの内容及び利用者がSCC公衆インターネットLANを通じて得る情報の内容等
  2. SCC公衆インターネットLANのサービスの提供、遅滞、変更、中止若しくは廃止、SCC公衆インターネットLANサービスを通じて登録、提供若しくは収集された利用者の情報の消失、利用者のコンピュータのコンピュータウイルス感染等による被害、データの破損、漏洩、その他無線LANに関連して発生した利用者の損害
  3. 利用者がインターネット上で利用した有料サービスの一切の費用
  4. パーソナルコンピューターの機種、基本ソフトウェア、Webブラウザ等によって、SCC公衆インターネットLANを利用できない場合
  5. 利用者がSCC公衆インターネットLANを利用したことにより、他の利用者や第三者との間に生じた紛争等

(本約款の変更)
第12条
管理者は、利用者の承諾を得ることなく、この約款を変更することができる。

附 則
この約款は、平成24年2月14日から施行する。

センター紹介

センター紹介