悩み

夫が単身赴任で、不安と不便さがある。



助言


【家族と共に問題を整理する】


問題を整理することで、100%不安がなくなるわけではありませんが、解決の糸口を見つけたり、早めに対応して調整したりしておくことが可能になります。
がんと診断されて、これから治療を受け、その後は定期通院をすること等を考えると、その時々で様々な問題が生じることがあります。また、がんを早く治療したいと思っても、お子さんが小さくて入院期間中のお子さんの世話が気がかりだったり、介護を必要とするお年寄りと同居していて、自分がそれまで面倒をみていたので、どうしてよいかわからないなど、それぞれの家庭の事情があります。
こういうときは、ご家族と一緒に問題を整理し、対応できることに関しては早めに対応策を講じておくことが大切だと思います。
一人だと気づかなかったことが、ご家族と話しているうちに出てきて、“○○はどうしよう”という話ができることもあります。
また、ご家族と話し合うことは、お互いのなかで問題と感じていること、問題になりそうなことのすりあわせができるという利点があります。


 

【問題を整理するとき検討すること】


◎ ご主人が単身赴任で十分な支援を得られないと感じているようであれば、たとえば、治療は実家に近い病院で受け、実家の方(ご両親やごきょうだい)にサポートをしてもらうという方法もあります。
◎ 入院中の生活用品・洗濯などに関しては、あらかじめ病院に確認し、また少し余分に準備しておくとよいかもしれません。
◎ 家事のことが気になるようでしたら、入院までに整理できることはしておいたり、入院中だけでなく退院後も含めて、ご家族と相談してみましょう。退院後は、入院前と同じ100%でしようとせずに、まずは60%、70%を目標としてやっていきましょう。また、『治療を受けるとこういうことが起こるから、まずは家事は○○%を目標にしようと思う』ということを、ご主人にもわかっておいてもらったほうがよいでしょう。
◎ 心細さを感じるときは、入院中や外来で知り合った同病者と話をしてみましょう。ちょっとした生活の工夫や、気持ちの分かち合いがあなたのサポートになるかもしれません。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.