悩み

子どもが思春期で、精神的なことが心配だった。



助言


【一緒に乗り越えていく】


思春期には身体面で、第二次性徴があらわれます。心理面においても、自分を見直し、心が大きく揺れ動く時期です。時として自分を主張するために、親と口をきかなかったり、強情を張ったりすることもあります。また、ふさぎこんだ気分になったり、友だちと比べて劣等感をもったりすることもあります。
思春期という不安定な時期に、親のことで気がかりを増やせば、子どもの成長発達や友人関係に問題が生じやすくなるのではと思われるかもしれません。
しかし、お子さんの立場からすると、家族に起こっている変化について説明がないまま、一方的に親の考えを伝えられると、反発したい気持ちにもなります。
思春期は、気持ちが翻りやすいですが、それは、もう一人の自分と向き合い、自己を主張したり、逆に相手の立場を思いやったりしながら、自己の確立を求めている証拠です。
お子さんを見守ってください。そして、お子さんがもう一人の自分と向き合って、揺れ動く気持ちの理由を探しているときには、それに答えてください。
気持ちを分かち合う家族がいることで、一緒に乗り越えていくことができると思います。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.