悩み

主人は悩みごとがあっても親身になって話し相手になってくれる人ではないので、家の中に誰も話す人がいない。



助言


【相談できる人や場所を見つける】


不安にとらわれた時やつらい時に、誰かに自分の気持ちを聞いてもらうというのは大切なことだと思います。気持ちを口にだして聴いてもらうだけで、少しこころが楽になります。
また、がんという病気はからだだけではなく、いろいろな不安や経済的な問題など、さまざまな側面からこれまで築いてきた生活を脅かす時もあると思います。そういう時は、一人より二人、二人より三人の方がよい知恵が浮かぶこともあり、支えにもなってくれます。
支えとなってくれる人は、家族に限りません。あなたが信頼できる友人に、気持ちを話してみてもよいでしょう。あなたの気持ちをきっと受け止めてくれるでしょうし、家族内で話し合ったほうがよいと思われることは、そのように助言をくれると思います。
病院のなかにも、いつでも相談できる人がいると心強いと思います。かかっている病院に相談室があるかもしれませんので、一度聞いてみられるとよいでしょう。また、各都道府県のがん診療連携拠点病院(厚生労働省が指定)の相談支援センターで相談してもよいでしょう。
一人で抱え込まず、自分から働きかけることも大切です。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:相談先を探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/kyotensearch
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、病名や拠点病院の種類(がん診療連携拠点病院など、小児がん拠点病院など、希少がん情報公開専門病院などで探すことができます。また、拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。リストでは、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号などが掲載されており、相談支援センター名のリンクから、相談方法、対応状況、相談員の職種など詳細な情報も入手できます。

 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.