悩み

最初は熱心に看病や協力をしてもらえるが、回数が重なると重要に考えてもらえず、体がしんどくても家事をしたり、無理をしてしまう。



助言


【医療者やご家族に思いをうちあけ相談してみましょう】


つらいと感じるとき、からだのつらさだけではなく、こころもつらさを感じていることがあります。つらさはそのままにしておくと、出口が見つからず、よけいにからだにもこころにも影響を与えます。
つらさをやわらげるためには、あなた自身が我慢しないで、その苦痛やつらさを周囲にきちんと伝えることが大切です。一人で悩まないで、担当医や看護師、相談窓口などで相談してみましょう。また、あなたが今つらい状態にあるということをご家族に伝えることも大切です。特にだるさなどは、外見からは周囲の人々に分かりにくいものです。
周囲に伝えることで、あなたの周囲の人々は、あなたの状況を理解したり、一緒にそのつらさをやわらげるための方法を考えたりすることができます。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:相談先を探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/kyotensearch
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、病名や拠点病院の種類(がん診療連携拠点病院など、小児がん拠点病院など、希少がん情報公開専門病院などで探すことができます。また、拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。リストでは、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号などが掲載されており、相談支援センター名のリンクから、相談方法、対応状況、相談員の職種など詳細な情報も入手できます。

 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.