悩み

健康食品が高額で経済的に大変だ。



助言


【なぜ健康食品を利用するか考える】


あなたはなぜ、健康食品を利用されているのでしょうか。もしその理由が『がんを治したり、がんの進行を抑えたりすることを期待している』とういことであれば、考え直してみてください。
確かに、健康食品の中には、新聞や雑誌に大きな広告を出し、すばらしい効果を持っているかのように宣伝されているものもあります。
しかし、健康食品はあくまで『食品』です。健康食品が、がんを治したり、がんの進行を抑えたりする効果を持つということが、科学的に厳密な研究によって証明されたことは、これまでにありません。
また、『健康』という言葉がついていても、他の食品と同様に、過剰に摂取し続けると、あなたの健康を逆に損なう可能性もあります。
健康食品の利用については、担当医に相談することが大切です。


 

【高価な健康食品は避ける】


あまりにも高価な出費を強いるような健康食品を利用し続けることは考えものです。
健康食品への出費がかさむと、病院で通常の治療を受けることにも支障が出てしまう可能性があります。
また、健康食品があなたの『こころの支え』になればよいのですが、経済的な負担が増せば、むしろストレスの方が大きくなるかもしれません。
健康食品に対する出費が気になった時には、使用を見直す機会と考えてみてはどうでしょうか。


 

【担当医や相談員に相談してみましょう】


もしかするとあなたは、受けてきた治療法に対して説明不足や心細さを感じ、どこか納得しきれていないのかもしれません。あるいは、病気の進行に対する不安や、痛みなどの体のつらさといった悩みをお持ちなのかもしれません。
もしそうなのであれば、自分一人で健康食品を使って悩みを解決しようとするのではなく、担当医に正直に相談してみてください。相談することで、担当医の方からあなたの悩みを解決するための方法を示してくれるのであれば、それにまさることはありません。
もし、いきなり担当医に話をするのに気おくれを感じるのであれば、まずは、おかかりの医療機関(病院など)の相談室やがん診療連携拠点病院の相談支援センターにいる相談員に相談してみるとよいでしょう。ソーシャルワーカーや看護師が務める相談員には秘密を守る義務がありますので、安心してご相談ください。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:相談先を探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/kyotensearch
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、病名や拠点病院の種類(がん診療連携拠点病院など、小児がん拠点病院など、希少がん情報公開専門病院などで探すことができます。また、拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。リストでは、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号などが掲載されており、相談支援センター名のリンクから、相談方法、対応状況、相談員の職種など詳細な情報も入手できます。

 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.