悩み

がんという病名への恐怖と、時に死への恐怖があった。



助言


【がんと診断されることは誰にとっても衝撃的な出来事】


がんと診断されることは、衝撃的な出来事です。特に、余命を告げられるということは、死を意識し、その衝撃はとても大きいと思います。今回の悩みの調査のなかにも何人も書かれていた「その瞬間頭が真っ白になってしまって、その後先生が何を話したのか全然覚えていない、どうやって自宅に帰ったのかもわからない。」、「呆然として何が何だかわからない。」などの言葉が、その衝撃の大きさをあらわしていると思います。混乱のなかで、気持ちが落ち込んだ状態が続き、部屋に引きこもってしまったり、誰とも話したくなくなることもあります。ご家族や親しい人々の何とか支えたいという思いからかけた言葉も、時には白々しく感じ、誰にも自分のつらさはわからないのに、簡単なことを言うな!と怒りの気持ちがわくこともあります。同時に、どうなるのかわからない未来への漠然とした不安が次々と頭をめぐります。
こういうときは、こころがとても過敏になっていますから、周囲の何気ない言葉や振る舞い、視線などに対して、悪い方へと考えがちで、自分だけが孤立してしまったような感覚にもなります。
こころの動揺や不安定さは、がんを告げられたとき、余命を告げられたとき、誰にでもあることです。ご家族や周囲の方々も、患者さんのこのようなこころの状態を理解することが大切です。


 

【つらい気持ちを抱え込まない】


がんになったことで、がんそのものや死への恐怖を感じたとき、どうしようもなくつらくなったときには、その不安やつらさを自分のこころの底に押し込んでしまわないようにしましょう。無理に押さえ込もうとしたり、がんばらなければ、こんなことを考えていてはいけないと自分を奮い立たせようとして無理をすると、こころがどこにも行き場がなくなってしまいます。こういうときは、こころの中のつらい部分のガス抜きができるように、自分の気持ちを受けとめてくれる人、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れ動く思いを話してみましょう。泣いてしまってもかまいません。あなたは一人ではありません。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.