悩み

知人ががんで痛みを訴えながら死亡したのを思い出し、あの痛みに耐えて死を迎えねばならないのかと思った。



助言


【がんの痛みをやわらげることは可能です】


がんについては、これまで『不治の病』とされ、『苦しい』とか『痛い』といった社会的なイメージが長年にわたって作られてきました。
残念ながら、このイメージは、地域によっては、今でも根強く残っているようです。また実際に、がんが進行していくと、多くの患者さんが痛みを感じるようになります。けれども、最近では、患者さんが感じているつらさを総合的に和らげるサポートが行われるようになっています。このような総合的なサポートのことを、『緩和ケア』(『緩和医療』も『緩和ケア』とほぼ同じ意味です)と呼んでいます。
『緩和ケア』を受けると、薬をはじめとするいろいろな方法で、痛みや不快感を取ったり、軽くしたりすることができます。
がんが原因となる痛みをやわらげる治療の基本となるのが、『WHO方式がん疼痛治療法』です。WHO方式がん疼痛治療法は、一定時間ごとに痛みの強さに応じた薬を飲むことを基本とする治療法ですが、適切に実施すれば、8割から9割の患者さんで、がんの痛みを取ることができると言われています。
さらに、WHO方式がん疼痛治療法でやわらげることができない痛みに対しても、さまざまな治療方法が工夫され、着実に成果を上げつつあります。
『緩和ケア』は、診断の時から終末期まで、いつでも受けることができます。たとえ病気が進んでも、体の痛みをやわらげることは可能です。


 

【自分の痛みを評価して人に伝える】


がんによって起こる痛みに対しては、様々な薬が用いられるようになってきています。それぞれの患者さんの痛みに対して、どういう薬や方法を使うのが一番良いかを判断するためにも、患者さん自身が痛みを評価して人に伝えることが大切です。
痛みには個人差があり人によって感じ方もつらさも異なり、人には伝わりにくいときがあります。まずは、ご自分の痛みについてよく知り、それを評価してみましょう。どういうときに痛みが強くなるのか、どのあたりが痛むのか、言葉で表現するとどういう痛みなのか(きりきり、ずきんずきん、ずしーんなど)、痛み止めを使っているとしたらその効果はどうなのか、といったことです。
これらを医師や看護師に痛みの状況として伝えることが治療の第一歩になります。


 

【どうしてもつらさをやわらげられない時には、鎮静を行います】


薬や治療法の進歩によって、適切な緩和ケアが行われれば、ほとんどのがん患者さんのつらさ(からだのつらさ、こころのつらさなど)をやわらげることができるようになりました。ただ、割合そのものは少ないのですが、現在有効と考えられるどんな方法を使っても、つらさを十分にやわらげることができず、患者さんが“耐えられない”と感じるような状況が続いてしまうことも、ごくまれに起こることがあります。
どんなに手を尽くしてもつらさを取ることができず、死がそれほど遠くない将来に迫っていると予想される時には、患者さんとご家族の意思を十分に確認した上で、薬を使って患者さんの意識を低下させて、つらさをやわらげます。このようなつらさのやわらげ方を、鎮静と呼びます。
緩和ケアの現場で行われるこのような鎮静は、つらさをやわらげることを目的としています。これに対して、安楽死は、命を縮めたり、奪ったりすること自体を目的とするもので、緩和ケアの鎮静とはまったく違う考え方に基づいています。安楽死は日本では認められていません。
大切なことは、適切な緩和ケアを受けることです。適切な緩和ケアを受けることができれば、つらさをやわらげることと引きかえに、命を諦めるようなことを考えないでも大丈夫です。


 
参考になるホームページ
(1)日本ホスピス緩和ケア協会
https://www.hpcj.org/index.html
サイドメニューに、『ホスピス緩和ケアをご利用の方に向けた情報』があり、『ホスピス緩和ケアQ&A』(ホスピス緩和ケアに関することをQ&Aで情報提供しています)、『ホスピスってなあに?』(冊子PDF版)などホスピス緩和ケアに関する情報や、ホスピス緩和ケアの解説やホスピス緩和ケアを受けられる医療機関一覧(ホスピス緩和ケア病棟、緩和ケアチーム、在宅ホスピス緩和ケア)の情報があります。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:相談先・病院を探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/kyotensearch
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、病名や拠点病院の種類(がん診療連携拠点病院など、小児がん拠点病院など、希少がん情報公開専門病院などで探すことができます。また、拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。リストでは、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号などが掲載されており、相談支援センター名のリンクから、相談方法、対応状況、相談員の職種など詳細な情報も入手できます。
(3)緩和ケア.net
http://www.kanwacare.net/
緩和ケアに関する総論的な情報、緩和ケアの医療費に関する情報(入院・一般病棟、入院・緩和ケア病棟、通院・訪問診療、高額療養費制度 とわけて情報提供されています)、心が楽になるコミュニケーションなどの情報が掲載されています。

 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.