悩み

死に至るまでの苦しみの過程に恐怖があった。



助言


【がんの苦しみをやわらげることは可能です】


がんについては、これまで『不治の病』とされ、『苦しい』とか『痛い』といった社会的なイメージが長年にわたって作られてきました。このイメージは、地域によっては、今でも根強く残っているようです。
しかし、現在では、患者さんが感じている苦しみを総合的にやわらげるためのサポートが行われるようになりつつあります。
このような総合的なサポートのことを、緩和ケア(緩和医療も緩和ケアとほぼ同じ意味です)と呼んでいます。
緩和ケアを受けると、薬をはじめとするいろいろな方法で、痛みや不快感を取ったり、軽くしたりすることができます。
がんが原因となる痛みをやわらげる治療の基本となるのが、『WHO方式がん疼痛治療法』です。WHO方式がん疼痛治療法は、一定時間ごとに痛みの強さに応じた薬を飲むことを基本とする治療法ですが、適切に実施すれば、8割から9割の患者さんで、がんの痛みを取ることができると言われています。
WHO方式がん疼痛治療法でやわらげることができない痛みや、痛み以外の不快な症状に対しても、さまざまな治療方法が工夫され、着実に成果を上げつつあります。
さらに、緩和ケアが対象とするのは、体の苦しみだけではありません。
いま悩んでいる心配事や、将来に対する不安など、あなたが感じている様々なこころの苦しみについても、やわらげることができるように支援していきます。
『緩和ケア』は、診断の時から終末期まで、いつでも受けることができます。担当医に相談してみてください。


 
参考になるホームページ
(1)日本ホスピス緩和ケア協会
https://www.hpcj.org/index.html
サイドメニューに、『ホスピス緩和ケアをご利用の方に向けた情報』があり、『ホスピス緩和ケアQ&A』(ホスピス緩和ケアに関することをQ&Aで情報提供しています)、『ホスピスってなあに?』(冊子PDF版)などホスピス緩和ケアに関する情報や、ホスピス緩和ケアの解説やホスピス緩和ケアを受けられる医療機関一覧(ホスピス緩和ケア病棟、緩和ケアチーム、在宅ホスピス緩和ケア)の情報があります。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:相談先・病院を探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/kyotensearch
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、病名や拠点病院の種類(がん診療連携拠点病院など、小児がん拠点病院など、希少がん情報公開専門病院などで探すことができます。また、拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。リストでは、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号などが掲載されており、相談支援センター名のリンクから、相談方法、対応状況、相談員の職種など詳細な情報も入手できます。
(3)緩和ケア.net
http://www.kanwacare.net/
緩和ケアに関する総論的な情報、緩和ケアの医療費に関する情報(入院・一般病棟、入院・緩和ケア病棟、通院・訪問診療、高額療養費制度 とわけて情報提供されています)、心が楽になるコミュニケーションなどの情報が掲載されています。

 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.