悩み

がんイコール死というイメージが強く、夜も眠れなくなり、食欲もなく、常に頭の中をがんという恐怖がかけ巡っていた。



助言


【つらい気持ちを抱え込まない】


がんになったことで、がんそのものや死への恐怖を感じたとき、どうしようもなくつらくなったときには、その不安やつらさを自分のこころの底に押し込んでしまわないようにしましょう。無理に押さえ込もうとしたり、がんばらなければ、こんなことを考えていてはいけないと自分を奮い立たせようとして無理をすると、こころがどこにも行き場がなくなってしまいます。こういうときは、こころの中のつらい部分のガス抜きができるように、自分の気持ちを受けとめてくれる人、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れ動く思いを話してみましょう。泣いてしまってもかまいません。あなたは一人ではありません。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.