悩み

がんと診断された時、頭の中がパニックになり、あと何年の命とか、先々の事を考えたらとめどなく涙が出て、主人と無言で何時間も過ごした。



助言


【がんの診断は誰にとっても強い衝撃です】


がんと診断されることは、誰にとっても衝撃的な出来事です。
患者さんの中には、「その瞬間頭が真っ白になってしまって、その後先生が何を話したのか全然覚えていない。どうやって自宅に帰ったのかもわからない」、「呆然として何が何だかわからない」と話される方もいます。
同時に、“一体これから、どうなってしまうんだろう”という、自分や家族の未来に対する漠然とした不安が、次々と頭の中をめぐります。
こみあげてくる感情が抑えられなくなり、涙を流してしまうこともあるかもしれません。
このような気持ちの動揺や涙は、ある意味では、がんという病気に向き合うための、こころと体の自然な反応なのです。
無理に抑えこもうとするのではなく、ある程度は受け入れていくことも大切です。
家族や周りの人にも、できるだけ協力してもらいましょう。


 

【つらさを抱え込まないようにしましょう】


とてもつらい時、自分の気持ちを受けとめてくれる人、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れ動く思いを聴いてもらうことは、あなたの気持ちを楽にします。
一人でつらさを抱え込まずに、“この人なら”と感じた人に話してみましょう。泣いてしまってもかまいません。
たとえ言葉は交わさなくても、『そばにいる』ということ自体が、大切なコミュニケーションになることがあります。
ご主人と無言で何時間も過ごされたとのことですが、あなたにとっても、ご主人にとっても、深い意味を持った、かけがえのない時間になったのではないかとお察しいたします。
がんの診断はとてもつらいことです。ただ、あなたが本当につらい時に、時間を共有できる伴侶にめぐまれたことは、あなたの人生の強みであり、希望なのではないでしょうか。
あなたは一人ではありません。家族も友人も、あなたを支えたいと思っているはずです。もちろん、医療者もあなたを支えます。


 

【正しい情報を知ることで、不安が軽くなることもあります】


自分の体や将来の生活に対する漠然とした不安は、病気に関する事実をきちんと理解することで、軽くできる場合があります。
まずは担当医とよく話しあってみてください。将来の見通しや治療の方針、あなた自身が気になることを、十分に確認しておきましょう。
できれば、一人で聞きに行くのではなく、家族や友人と一緒に話を聞くとよいでしょう。
担当医は一番信頼できる情報源ですが、ほかにも、インターネット、書籍、患者会など、さまざまな方法で情報を集めることができます。
情報を集めるときに注意したいことは、自分のペースに合わせるということです。
最初は膨大な情報量に圧倒されたり、焦ったりしてしまいますが、自分のペースで収拾を進めるうちに、情報を選び、消化して理解するための力が、あなたのなかに自然に育っていきます。


 

【担当医や相談窓口を利用する】


がんの診断を聞いてから気持ちが落ち着いてくるまでの期間は、人によって異なります。
多くの場合、2~3週間くらいすると、少しずつ変化が出てきます。具体的なことを考えたり、周囲の人の言葉を受け入れたりすることができるようになっていきます。
もし、気持ちの落ちこみが長く続いたり、日常生活にも支障が出たりする場合には、担当医にそのことを伝えてみてください。また、おかかりの病院に相談支援センターや医療相談室のような相談窓口があれば、あなたの悩みを相談してみてください。
話をすることで、気持ちが軽くなったり、自分の中の強さに気づいたりすることもあります。


 
参考になるホームページ
国立がん研究センター『がん情報サービス』:相談先を探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/kyotensearch
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、病名や拠点病院の種類(がん診療連携拠点病院など、小児がん拠点病院など、希少がん情報公開専門病院などで探すことができます。また、拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。リストでは、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号などが掲載されており、相談支援センター名のリンクから、相談方法、対応状況、相談員の職種など詳細な情報も入手できます。

 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.