悩み

医師から90%再発することはないと言われたが、再発のことが頭から離れない。



助言


【がん体験者の多くが再発・転移の不安を感じている】


今回の大規模全国調査では、半分以上の方がこころの問題を抱え、不安の中で一番多かったのは『再発・転移への不安』でした。この再発・転移への不安は、病気の段階に関係なく抱く方が多いということも、調査の結果わかりました。
がんと診断されたことで、さまざまな思いが頭をよぎると思います。考えまいとしても、一人になったときや、静かな夜にふっといろいろなことを考えてしまう・・・これは誰もがいろいろな場面で体験することかもしれません。
寄せられた悩みのなかにも、 “再発のことが頭から離れない” “心底から楽しめない”“忘れかけていても思い出される”など、さまざまな表現がみられます。
また、“集中している時は忘れている”という表現も、それ以外はずっと頭にあるために、考えていない時間が際立っているせいかもしれません。
悩みを瞬時にこころから取り除くことは難しいですが、気持ちを切り替えたり、気を紛らわせる時間をもつことが大切だと思います。


 

【つらい気持ちを抱え込まない】


不安が強く、とてもつらいとき、自分の気持ちを受けとめてくれる人、家族や何でも話せる友人に、不安に思っていることや揺れる思いを聴いてもらうことも気持ちを楽にします。一人でつらさを抱え込まないで、周囲の人に話してみましょう。泣いてしまってもかまいません。
また、口にしなくても、ふっと自分を心配し気遣う周囲の人々の思いが感じられたとき、一人ではない、と感じて温かい気持ちになれます。そんな時間が、ほんの少しでも気持ちを楽にしてくれると思います。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.