悩み

体調が悪かったり、定期検査を受けたりするたびに再発や転移の不安が頭から離れない。



助言


【がん体験者の多くが再発や転移の不安を抱いています】


2003年度に実施されたがん体験者の悩みに関する大規模全国調査では、半分以上の方がこころの問題を抱え、不安の中で一番多かったのは「再発・転移への不安」でした。この再発・転移への不安は、病気の段階に関係なく抱く方が多いということも、調査の結果わかりました。
がんという病いでは、さまざまな思いが頭をよぎり、ちょっとした言葉や事柄に一喜一憂してしまったり、考えまいとしても一人になったときや静かな夜にふっといろいろなことを考えてしまったりと、多くの方々がいろいろな場面で体験されていると思います。
とくに、不安というのは、その対象が漠然としています。たとえば、定期検査を受けたときには、結果を聞くまでは、つい悪い方へと考えがちになり、不安や心配は大きいと思います。この不安や心配は、結果がでるまで完全にとれることはありません。体調が悪いときは、それでなくても気分が沈みがちになり、一度何か悪い方へ考え出すとどんどん不安感が増してしまうことがあります。ただ、このときにもどんなに考えても、想像になりますから、不安はとれません。
不安というのはやっかいで、“考えまい”とすればするほどよけいに考えてしまいます。


 

【具体的にできることをしてみましょう】


一つには、気持ちを切り替えてみるという方法があります。検査結果は実際に聞くまではわかりませんし、考えれば考えるほど悪い方へと気持ちが傾きがちです。検査結果への不安にとらわれがちな心をどこか他の方向に向けてみるという方法です。具体的には、思いっきり笑えるようなテレビやDVDをみたり、リラックス効果のある音楽を聴いたりして気分転換をする、何かに気持ちを集中させてみるなどの方法があります。
もう一つには、具体的に今できることを探してみるという方法です。たとえば、体調が悪いとしたら、体調が悪い自分のためにできることを探します。100%の力で家事や仕事に取り組んでいたら、体調が戻るまでは少し手抜きをして70%くらいの取り組みにしてみる、食欲はあまりないけれど、朝はしっかり食べることを意識的にする、外出から帰ったら手洗いやうがいをする、というように自分のからだのためにできることを意識しながら行ってみましょう。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.