悩み

放射線治療により口の中やのどが荒れて、痛くて食事が十分食べられなかった。



助言


【放射線治療による口の中の炎症】


放射線治療の副作用は、どこの部位にどれだけの線量が当たったか、そして患者さん個人の体質や体の状況によって異なります。
口の中、のど、食道などの粘膜に放射線が照射された場合、これらの細胞を傷つけ、炎症を起こし、食事に支障をきたすことがあります。飲み込むときの痛みのほか、口の渇き、味がわかりにくいといったことも起こる場合があります。


 

【口の中をきれいに保つ】


口の中には、もともとたくさんの雑菌(細菌)が存在します。本来なら、唾液が自然と口の中をきれいにしてくれたり、歯磨きやうがいで口やのどをきれいにしたりしています。
口内炎に対しては、まず口の中をきれいにすることが大切ですが、治療により口の中やのどの粘膜がただれて痛み、歯磨きが十分にできなくなったりすると、口の中の雑菌が増え、感染症や口内炎ができたところに細菌がつき、更に症状を悪化させたりします。
食事の前後に歯磨きをし、口の中をいつもきれいに保つよう、心がけましょう。また、清浄作用や粘膜保護作用のあるうがい薬などを使用してもよいでしょう。


 

【栄養をできるだけとる: 食べやすくなる工夫をする】


口内炎があると、痛みであまりかまずに飲み込んでしまいがちです。食事はできるだけやわらかく調理し、細かく刻んだり、ミキサーにかけたり工夫して、食べるようにしましょう。また、市販のスポーツ飲料や高カロリー飲料などを利用してもよいでしょう。

1. 食べやすくなる工夫

(1) 水分が多くやわらかい、口当たりのよい食品を摂りましょう。
(2) 少量の油脂類を加えると飲み込みやすくなります。
(3) あんかけやソースにからめるなど、水分にとろみをつけると食べやすくなります。
(4) 誤嚥の心配がある時は、食品の形態や水分に注意が必要です。(増粘剤などを利用しましょう)
(5) 食事は飲み物や汁物とセットで食べるとよいでしょう。
(6) 食事は人肌程度がよいでしょう。
(7) 痛みが強い場合は、食品の形態をゼリー状やピューレ状、流動食にしてみましょう。
(8) 味付けがしみるような場合は、薄味にしましょう。

2. 控えたほうがよいもの

熱い・辛い・すっぱいなどの刺激の強い食品、かたく乾燥した食品
酸味の強いくだもの、甘みの強い飲み物

3. 消化がよく、やわらかいものを食べる

あまりかまずに飲み込んでも胃に負担がかからないように消化のよい食品を選びましょう。また、調理方法を工夫することで、消化しやすくなることもあります。例えば、揚げる・炒める・焼くといった調理方法よりも、煮る・蒸す・ゆでるといった調理方法の方が消化を助けるためおすすめです。


 

【痛みをやわらげる】


痛みが強ければ、痛みをやわらげる軟膏やうがい薬を使用する場合もありますので、担当医や看護師に相談してください。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.