悩み

がんやその転移が原因で、痛みがあり、とてもつらい。



助言


【自分の痛みを評価して人に伝える】


がんによって起こる痛みに対しては、様々な薬が用いられるようになってきています。それぞれの患者さんの痛みに対して、どういう薬や方法を使うのが一番良いかを判断するためにも、患者さん自身が痛みを評価して人に伝えることが大切です。
痛みには個人差があり人によって感じ方もつらさも異なり、人には伝わりにくいときがあります。まずは、ご自分の痛みについてよく知り、それを評価してみましょう。どういうときに痛みが強くなるのか、どのあたりが痛むのか、言葉で表現するとどういう痛みなのか(きりきり、ずきんずきん、ずしーんなど)、痛み止めを使っているとしたらその効果はどうなのか、といったことです。
これらを医師や看護師に痛みの状況として伝えることが治療の第一歩になります。


 

【緩和医療について】


現在では、からだの苦痛だけではなく、こころのつらさ、社会的な問題によるつらさなどを含めて総合的に、患者さんやそのご家族のつらさをやわらげるサポートが行われています。これは、『緩和ケア』、『緩和医療』と呼ばれ、いろいろな薬や治療法(この治療法というのは、がんを治す治療ではなく、がんによる苦痛をやわらげる治療法です)、ケアの方法が考えられています。そして、様々な専門の職種の人々が関わっています。
緩和ケアは、終末期だけに行うものではありません。WHO(世界保健機関)の定義に、「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな(霊的な・魂の)問題に関してきちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり対処したりすることで、クオリティー・オブ・ライフ(生活の質、生命の質)を改善するためのアプローチである。」 とあるように、がんと診断された早期から、またがんの治療の過程においても痛みなどの症状の緩和が行われます。
痛みを我慢せずに、担当医に伝えましょう。なかなか痛みがとれないようであれば、痛みの専門家を紹介してもらってもよいでしょう。医療機関によっては、ペイン(痛み)外来や緩和ケア外来があり、専門家が担当医と協働しながら症状のコントロールにあたっているところもあります。緩和ケアのある医療機関については、下記をご参照ください。


 
参考になるホームページ
(1)日本ホスピス緩和ケア協会
https://www.hpcj.org/index.html
サイドメニューに、『ホスピス緩和ケアをご利用の方に向けた情報』があり、『ホスピス緩和ケアQ&A』(ホスピス緩和ケアに関することをQ&Aで情報提供しています)、『ホスピスってなあに?』(冊子PDF版)などホスピス緩和ケアに関する情報や、ホスピス緩和ケアの解説やホスピス緩和ケアを受けられる医療機関一覧(ホスピス緩和ケア病棟、緩和ケアチーム、在宅ホスピス緩和ケア)の情報があります。
(2)国立がん研究センター『がん情報サービス』:相談先・病院を探す
https://hospdb.ganjoho.jp/kyoten/kyotensearch
国が指定しているがん診療連携拠点病院などの施設について、病名や拠点病院の種類(がん診療連携拠点病院など、小児がん拠点病院など、希少がん情報公開専門病院などで探すことができます。また、拠点病院等に設置されているがん相談支援センターを探すことができます。リストでは、各医療機関での相談支援センターの名称、相談・問い合わせ先の電話番号などが掲載されており、相談支援センター名のリンクから、相談方法、対応状況、相談員の職種など詳細な情報も入手できます。
(3)緩和ケア.net
http://www.kanwacare.net/
緩和ケアに関する総論的な情報、緩和ケアの医療費に関する情報(入院・一般病棟、入院・緩和ケア病棟、通院・訪問診療、高額療養費制度 とわけて情報提供されています)、心が楽になるコミュニケーションなどの情報が掲載されています。

 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.