悩み

他の病気で病院に通っていたのに、初めて胃カメラ検査をしてがんと診断された時には、何のために病院に来ていたのか、どうしてもっと早くわからなかったのかとショックだった。



助言


【症状や臓器に適した検査がある】


不整脈や貧血で通院していたということですが、例えば心電図検査で、胃の状態は分かりません。起こっている症状やそれぞれの臓器に適した検査があります。
気になる症状がみられたときには、かかりつけ医にご相談ください。


 

【症状があれば、医療機関を受診する】


病気の早期発見や健康増進には、職場やお住まいの市町で行われている検診、人間ドックが有効です。検診や人間ドックは、病気の自覚症状がない人を対象にしており、すでになんらかの症状がある場合は、医療機関で診察、検査を行う必要があります。
がんに特有の症状というのはなく、他の病気でも出現する症状がほとんどなので、医師の診察を受けることが大切です。


 

【これから先のことを考える】


病気がわかり、これから治療をしていく中で、様々なことが起こると思います。あの時のあれがいけなかったのではないかなどいろいろな思いや後悔が残ることもあります。これらの思いは、なかなか整理がつかないものだと思います。ただ、こういった思いや後悔は、過去のことへの振り返りであり、現在の状況を変えるものではありません。過去を悔やむよりも、気持ちを切り替えるようにしましょう。大切なのは、今自分にできること、まずこれから自分はどうしていったらよいのか、具体的な目標を立ててがんと上手に付き合っていくことだと思います。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.