悩み

他の病気で病院へ行かなければならない時に、家の近くや別の病院へ行く勇気がなく(手術のあとをみられたくない)、つい我慢してしまうことがある。



助言


【ためらわずに受診してください】


このお悩みを読んで、医療者は、病気のことを尋ねるとき、体の情報を集めることに関心が向き、患者さんのこころに対する配慮が足りていない場合があると反省をしました。
手術のあとをみられたり、病気について質問されたりすることは、気持ちのよいものではありません。

医療者は、興味や思いつきで見たり、質問しているのではなく、現在あらわれている症状とこれまでの病気の関連、日々の生活や現在飲んでいる薬の影響など、多方面から患者さんの体の状態をとらえるために、必要な情報として確認しています。1人ひとりの患者さんを知り、適切な治療や支援へとつなげていくためなので、ありのまま伝えていただけたらと思います。

すでにかかっている病院では、以前に集めた情報があるぶん、患者さんの状況を把握しているので、いくらか受診しやすいと思います。けれども、がんの治療をしている病院で、全ての病気を診てもらうことは、実際には難しい状況です。
かかりつけ医は、あなたの体や生活のことをよく把握し、風邪などを診てもらったり、どの病院にかかったほうがよいか相談できる存在なので、近所にもっておくのもひとつの方法です。
あなたの大切な体のために、我慢せず、適切な時期に受診してください。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.