悩み

看護師の事務的な対応に寂しさを感じるときがある。



助言


【関係づくりの工夫】


現在、医療制度が変化していく中で、患者さんと医師や看護師など医療者が接する時間や機会は以前よりずいぶん減ってきています。入院期間は短くなり、手術の前日に入院することも多くなりました。退院の時期も早くなっています。また、外来ではさらに医師と接する時間が短く、看護師とは直接話をしないということもあります。

医師や看護師に対して、“いつも忙しそうで、なかなか話しかけられない。聞きたいことがあっても聞きにくい”という声も多く聞かれます。また、医療者の言葉や態度、対応から“事務的”、“一方的”と感じることもあるようです。
その一方で、看護師側からも、“もっと患者さんとコミュニケーションがとれる時間がほしい”等の声も聞かれます。
患者さんやご家族、そして医療者、皆、短い時間の中で相手とコミュニケーションをとり、人間関係を築いていかなければならないのが現実のようです。

人は自分が期待したとおりに、相手がふるまったり話したりしないと、寂しく感じたり、怒りを覚えることもあるようです。けれども、機会も時間も少なくなったなかで、お互いが良好な関係のなかで治療やケアをすすめていくためには、お互いが工夫したり努力をしていく必要があります。
要領よく、聞きたいことを聞けるように、あらかじめメモや箇条書きにしておきましょう。また、入院中も話しやすい人、聞きやすい人を見つけておきましょう。看護師は何人もいますから、苦手な人も話しやすい人もいるはずです。
もしかしたら、最初は“事務的だな”と感じた人が、後にあなたの重要なサポーターになることもあります。

もし、医師や看護師の言葉や態度が理不尽で納得いかないときは、できればその場で率直に相手にそのことを伝えてみましょう。誤解があったのかもしれませんし、相手が気づかないうちに行っていたふるまいや言葉遣いなどに気づく機会になるかもしれません。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.