悩み

セカンドオピニオンを受けたが、「今の方針通りでよいと思います」としか言われなかった。紹介してきた主治医に気を遣って診断を下したのではないかと悩んだ。



助言


【安心して、担当医に】


セカンドオピニオン医師は、受け持ちの患者さん、それ以外の患者さんと分けへだてなく、科学的な根拠に基づいて、患者さんにとって最善と思われる治療を提示します。相手の医師にとって都合のよい意見を伝えるわけではありません。
セカンドオピニオンを受け、結果的には担当医と同じ診断、治療方針の提案だった、ということは、よくあることなのです。ただ、だからといってセカンドオピニオンを受けたことが無駄になるわけではありません。
セカンドオピニオンの結果が、今の方針と同じであった時には、今まで以上に安心して、担当医のもとに戻ることができると思います。患者さんやご家族からは、結論は同じであっても、別の先生の説明を聞いて、治療に納得できた、気持ちの整理ができたという声を聞きます。


 
Copyright © 2007-2020 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.