悩み

初期のがんと診断されたが、本当に初期なのか。



助言


【担当医に確認する】


担当医が、『初期のがん』と説明したとしたら、そのように診断した根拠があります。検査の所見や診察結果などを総合した結果だと思います。”本当に初期なのか”と考え、不安になるようでしたら、担当医に「本当に初期なのかと心配になってしまうのですが、どういうときに、初期のがんというのですか」と、率直に尋ねてみましょう。
また、インターネットでも、国立がん研究センターがん対策情報センターの「がん情報サービス」に、各種のがんについて、詳しい説明がのっています。このなかで、病期というところをみると、どういう段階を『早期のがん』というのか書いてあります。


 
参考になるホームページ
(1)国立がん研究センター『がん情報サービス』:それぞれのがんの解説
https://ganjoho.jp/public/cancer/index.html
がんの部位別に、基礎知識、検査、治療、療養に関する情報があります。
(2)がん情報サイト :PDQ日本語版(米国国立がん研究所のがん情報サービス)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/
がん情報サイトには、『PDQ日本語版 がん情報要約』、『PDQ日本語版 がん用語辞書』などの情報があります。
『PDQ日本語版 がん情報要約』は、治療(成人、小児)、支持療法と緩和ケア、スクリーニング(診断と発見)、予防、遺伝学的情報、補完代替医療の情報があり、それぞれ『患者様向け』と『医療専門家向け』の2つのボタンがあり、より詳しい情報は『医療専門家向け』から得られます。

 
Copyright © 2007-2020 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.