悩み

「早期発見のため、手術は必要なく、放射線治療でよい」と言われたが、知人などの例から推察して、担当医の言葉を心から信じられないでいた。



助言


【それぞれの患者さんで治療は異なります】


がんの治療には主に、手術、放射線、抗がん剤がありますが、同じ病名であっても、病気の状態(がんの進行度、場所など)、合併症の有無などによって、治療は異なります。
標準となる診療の指針として、臨床試験や臨床研究の結果に基づき、有効性が確認された『診療ガイドライン』が作成されています。ガイドラインに示されている治療の適応や種類と、個々の患者さんのからだの状態について、スタッフ間で検討します。


 

【セカンドオピニオンを受けてみる】


セカンドオピニオンというのは、直訳すると『第2の意見』で、『診断や治療方針について、現在の自分の担当医以外の医師の意見を聞き、参考にすること』をいいます。
これは、
◎ 担当医に診察や治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいか悩んでいる
◎ いくつかの治療法を提示されたが、迷っている
◎ 他の治療法がないか知りたい
などの場合に、ご自身が納得して治療を選択し受けるために、他の医師の意見も聞いてみるという方法です。


 
Copyright © 2007-2021 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.