悩み

診断までの検査期間が長く、検査結果を聞くまでは不安と恐怖でいっぱいだった。



助言


【検査結果を聞くまでは】


検査結果を聞くまでは、つい悪い方へと考えがちになり、不安や心配は大きいと思います。この不安や心配は、悩みで書かれているように、結果がでるまで完全にとれることはありません。
ただ、これは気持ちの切り替え方ですが、結果がでるまではできるだけ気分転換をしたり、何かに気持ちを集中させたりして、検査結果のことは考えないようにしましょう。
もし、悪い結果が出たとしても、その時は、担当医が一緒にどうしたらよいのか考えてくれます。


 

【診断のための検査の大切さ】


診断のための検査は、その方の病気がどういう種類のものか、どの程度のすすみ具合か、どういう治療を行うのがよいかなどを決めていく大切なものです。時間はかかるかもしれませんが、きちんと診断をつけること、また全身の状態をみて治療方針を決めていくことは、とても大切な過程です。
不安感が強い時には、ご家族や親しい人に気持ちを聞いてもらったりしましょう。


 
Copyright © 2007-2020 Shizuoka Cancer Center. All rights reserved.