悩み

先生から「あなたは初めての種類のがんなので、私たちも一生懸命勉強しながら治療させていただきます」と言われ、心細い思いをしたが、正直に言われたので先生にお任せしようと思った。
1 件の体験者の声があります。

助言

自分の助言集をつくる EPUB形式でダウンロード  印刷用表示

【「お任せ」という言葉】

「お任せ」という言葉を使うとき、(1)自分には分からないから、いいようにしてほしい、(2)信頼しているから、という2通りがあります。
(1)の場合は、なぜ、そう思うのか、考えるほうがよいでしょう。説明の内容が難しければ、医師に「もう一度、できるだけ分かりやすく」と説明を求めたり、書籍やインターネットで調べたりしてみてください。また、自分の思いや、家族の思い、今後のことなどが、頭のなかで混乱しているなら、すぐに返事をせず、考える時間をとるほうがよいでしょう。
医師の提案に、”本心から賛成できる、きっとそれが一番”、と思えるなら、(2)の意味をもっていると思います。
(1)(2)どちらの場合か、自分に「納得しているかどうか」と問いかけてみてください。


 

ご意見・ご感想

お寄せいただいた、ご意見・ご感想をそのまま公表することは致しませんが、個人情報保護のため、お名前・ご住所・お電話番号などのご記入はご遠慮ください。
注)なお、インターネット上での個別相談はお受けしておりません。ご相談のある方は、お近くのがん診療連携拠点病院の相談支援センターにご相談ください。

※この情報は役立ちましたか?
役立った 少し役立った どちらでもない あまり役立たない 役立たない
※あなたは  患者  家族  医療関係者  行政関係者  その他


がん体験者の悩みQ&A

がん体験者の悩みQ&A