静岡がんセンターの沿革

年  月 行 事 等
昭和63年
(1988年)
7月 高度先進医療の充実を図るため、がんセンターの設置を盛り込んだ 「静岡県地域保健医療計画~すこやかしずおか日本一健康県づくり~」 の策定
平成3年
(1991年)
4月 再度がんセンターの設置を盛り込んだ「静岡県地域保健医療計画 ~すこやかしずおか日本一健康県づくり~」の策定
平成5年
(1993年)
8月 石川嘉延 静岡県知事就任
平成7年
(1995年)
2月 医療サービスの一層の向上を図るため、がんセンターの整備を盛り込んだ「静岡県新世紀創造計画1995-2004中間素案」の策定
12月 県民の死亡原因のトップであるがんの制圧に取り組む拠点施設を県東部地区に整備することを明記した「静岡県新世紀創造計画1995-2004」の策定
平成8年
(1996年)
3月 県東部地域に難治がん医療の中核となる県がんセンターを整備することを明記した「静岡県地域保健医療計画~はつらつ健康県しずおか~」の策定
静岡県がんセンター基本構想」策定(検討委員会 会長 大石益光(静岡県総合計画審議会長、(株)静岡新聞社社長)、山口建(国立がんセンター研究所細胞増殖因子研究部長)他)
がんセンター建設場所が長泉町下長窪地先に決定
平成9年
(1997年)
3月 高松宮妃殿下建設地をご視察
静岡県がんセンター基本計画」策定(策定委員会 委員長:坂本由紀子(静岡県副知事)、専門委員:山口建(国立がんセンター研究所細胞増殖因子研究部長)他)
12月 「静岡県がんセンター(仮称)建築工事平成9年度基本設計業務」契約締結(WTO該当・公募型プロポーザル方式を採用、12月1日)
行財政対策委員会に設置されたサマーレビュー特別部会での検討結果を踏まえ、委員会において決定した、がんセンタープロジェクトの見直し方針を発表(700床→630床、研究所は開院から3年後等)
平成10年
(1998年)
4月 富士ファルマバレー構想関係課長等打合せ会(副知事、関係課著)において取り組み方法を検討開始
6月 富士ファルマバレー構想に関する勉強会(副知事、関係部長、関係課長出席)
8月 「静岡県がんセンター(仮称)建築工事平成9年度基本設計業務委託」完了(8月31日)
10月 看護指導者養成のため、看護職員5人を国立がんセンターへ派遣
12月 「平成10年度 静岡県がんセンター(仮称)建築工事実施設計委託」契約締結(12月11日)
平成11年
(1999年)
4月 看護指導者養成のため、看護職員5人を国立がんセンターへ追加派遣
9月 「平成11年度 静岡県がんセンター(仮称)陽子線治療施設棟建築工事 基本・実施設計委託」着手
「平成10年度 静岡県がんセンター(仮称)建築工事実施設計委託」完了(9月30日)
11月 「平成11年度 静岡県がんセンター(仮称)病院本棟建築工事」入札(11月9日)
12月 「平成11年度 静岡県がんセンター(仮称)病院本棟建築工事」契約締結(12月24日)
平成12年
(2000年)
2月 病院本棟建築工事安全祈願祭挙行(2月9日、知事出席)
4月 看護指導者養成のため、看護職員19人を国立がんセンターへ追加派遣
5月 「平成11年度 静岡県がんセンター(仮称)陽子線治療施設棟建築工事 基本・実施設計委託」完了
7月 「平成12年度 静岡県がんセンター(仮称)陽子線治療施設棟建築工事」契約締結
11月 第1期医師公募(7診療科部長・・・胃外科、腹膜播種科、乳腺外科、整形外科、血液・幹細胞移植科、緩和医療科、画像診断科)
12月 タワークレーンを利用したクリスマスイルミネーション(光の塔)設置点灯
平成13年
(2001年)
2月 富士山麓先端医療産業集積構想(ファルマバレー構想)策定
「平成12年度 静岡県がんセンター(仮称)緩和ケア病棟建築工事」契約締結(3月14日)
「静岡県がんセンター(仮称)医師等採用委員会」における選考結果に基づき、(腹膜播種科を除く)6診療科部長について予定者を内定
4月 新たに看護師60人を国立がんセンター、愛知県がんセンター、浜松医大病院、東京医科歯科大病院、聖路加国際病院及び虎の門病院に派遣(年度末で終了)
5月 緩和ケア病棟建築工事安全祈願祭(5月9日)
6月
「平成13年度 静岡県がんセンター(仮称)職員宿舎他建築工事」契約締結(6月19日)
病院本棟他上棟式挙行(6月21日、知事出席)
第2期医師公募(26診療科部長及び7診療科スタッフ)
報道関係者に現場公開
「静岡県がんセンター(仮称)医師等採用委員会」における選考結果に基づき、17診療科部長及び7診療科16人のスタッフについて予定者を内定
12月 受電開始
「平成13年度 静岡がんセンター(仮称)外構工事」契約締結(12月11日)
病院本棟にクリスマスツリーのイルミネーション設置点灯
第3期医師公募(16診療科スタッフ)
平成14年
(2002年)
1月 名称を「静岡県立静岡がんセンター」に決定
第4期医師公募(10診療科スタッフ)
2月 「平成13年度 静岡がんセンター(仮称)植栽工事」契約締結
3月 富士山麓先端健康産業集積構想(ファルマバレー構想)第1次戦略計画策定
総長、院長予定者公表
病院棟、緩和ケア病棟、陽子線治療施設、エネルギーセンター、職員宿舎、保育所の完成(3月25日)
4月 山口 建 初代総長就任、植田 勝男 初代局長就任、鳶巣 賢一 初代院長就任、山口 建 初代研究所長就任、山口 建 初代疾病管理センター長就任、萩原 傳 初代事務局長就任
総長、病院長等幹部職員他418人辞令交付
新人職員20人と継続職員28人については、県立総合病院 (46人)、こども病院(2人)にてがん看護研修を実施
長泉高校体育館において全職員対象のオリエンテーション開催
静岡がんセンターの最高意思決定機関である「静岡がんセンター管理会議」設置
6月 静岡県立静岡がんセンター事業の設置等に関する条例等を6月県議会に上程
初の病院ボランティア説明会(111人参加)
開院に向けた総合リハーサル開始
7月 「平成13年度 静岡がんセンター(仮称)外構工事」完成
静岡がんセンター・関連事業所及び長泉地域求人事業所合同就職面接会を「コミュニティながいずみ」で開催(680人参加)
県議会厚生委員会委員視察
8月 「平成13年度 静岡がんセンター(仮称)植栽工事」完成
診療予約開始
施設の一般開放(8月2日:県内市町村・議員等500人、8月3日、4日:一般9,800人)
病院開設許可(8月15日)
知事と静岡がんセンター幹部職員との懇談会
寛仁親王殿下、同妃殿下ご臨席のもと開院式挙行(知事、議長出席)(8月28日)
高松宮喜久子妃殿下記念碑除幕式挙行
9月 地方公営企業法の全部適用を受ける(9月1日)
静岡がんセンター労働組合発足(9月1日)
院内ボランティアグループ「せせらぎ」発足(75人)
「静岡がんセンター管理会議」から「経営戦略会議」に会議名変更
診療開始に向けた職員の集い開催(9月4日)
診療業務開始(313床)(9月6日診療開始、当日は97人来院)
医療連携システム運用開始
長泉なめり駅開業 同駅とがんセンターを結ぶバス路線の運用開始 (富士急シティバス)
11月 財団法人しずおか産業創造機構が実施した地域イノベーション促進研究開発助成事業「健康長寿をめざした安定型社会を実現する先端健康産業技術の研究開発」開始
12月 「平成14年度 がんセンター小児患者家族宿泊棟建設工事」契約締結
平成15年
(2003年)
1月 「平成14年度 静岡県立静岡がんセンター 職員厚生施設建設工事」契約締結
2月 静岡アジアがん会議2002開催(テーマ「医療における患者満足マネジメントをめざして」2月16日 於 三島市末広町 東レ総合研修センター 参加者83人)
3月 外来延患者数33,402人、入院延患者数52,250人、病床利用率80.6% (平成14年9月~平成15年3月の6ケ月間)
倫理審査委員会設置
「平成14年度 がんセンター小児患者家族宿泊棟建設工事」完了
「平成14年度 静岡県立静岡がんセンター 職員厚生施設建設工事」完了
4月 訪問教育の開設式及び始業式(東部養護学校)
小児がん家族のための宿泊施設「ひまわり」開所式
財団法人しずおか産業創造機構ファルマバレーセンター開所
5月 病床数403床へ増床(90床増床)
県東部地域(三島市・長泉町)が「先端健康産業集積特区」として構造改革特区に認定
6月 「平成15年度 県立静岡がんセンター研究所建設工事設計業務委託」発注
7月 「マンモグラフィ認定講習会」開催
病院機能評価ver.4受審
8月 地域がん診療拠点病院指定
「がんドック」検診開始
第1回患者さんのための納涼祭(ボランティアサポート委員会)
9月 秋篠宮殿下、同妃殿下、静岡がんセンター御視察
日本対がん協会がん征圧全国大会が静岡県にて開催される
10月 陽子線治療開始
12月 全国がん(成人病)センター協議会加盟承認
第35回中部建築賞入選
「平成15年度 県立静岡がんセンター 生ごみ処理棟建設工事」契約締結
平成16年
(2004年)
1月 臨床治験開始
3月 「平成15年度 県立静岡がんセンター研究所建設工事設計業務委託」完了
県立大学と「教育・研究協力に関する協定」締結
第1回慰霊祭(於 長泉町文化センター「ベルフォーレ」 参加者691人)
静岡がん会議2003開催(テーマ「県民のためのがん対策」3月20日 於 三島市末広町 東レ総合研修センター 参加者146人)
外来延患者数125,433人、入院延患者数127,759人、病床利用率88.2% (平成15年4月~平成16年3月)
「平成15年度 県立静岡がんセンター 生ごみ処理棟建設工事」完了
5月 病床数465床へ増床(62床増床) ※8階病棟開棟
「がん診療施設情報ネットワーク」参加
6月 韓国アサン医療センターとの第1回シンポジウム開催
「平成16年度 県立静岡がんセンター研究所(建築・電気・衛生・空調)工事」契約締結
研究所建設工事安全祈願祭挙行(知事出席)
県と医工連携3大学(東京工業大学、東京農工大学、早稲田大学)が事業連携調印
7月 日経ビジネス「よい病院ランキング」患者満足度部門で第1位
文部科学省都市エリア産学官連携促進事業「富士山麓エリア」研究開発開始
8月 第2回患者さんのための納涼祭(ボランティアサポート委員会)
9月 第2回「静岡県マンモグラフィ講習会」開催
第1回静岡がんセンター公開講座開催(全7回 9月5日~3月19日)
10月 文部科学省科学研究費補助金指定研究機関に静岡がんセンター研究所が指定
11月 患者満足度調査(プレ調査)実施(~12月)
新潟県中越地震へ医療救護派遣(4日~7日、6日~8日)
米国M.D.アンダーソンがんセンターにて多職種チーム医療研修実施
12月 がん予防教育指導者研修会実施
平成17年
(2005年)
2月 富士写真フイルム㈱と包括的共同研究協定締結
静岡がん会議2004開催(テーマ「富士山麓ファルマバレー構想の推進」2月26日 於 三島市末広町 東レ総合研修センター 参加者130人)
「平成16年度 県立静岡がんセンター 危険物倉庫整備工事」契約締結
3月 PET/CT導入
第2回慰霊祭(於 長泉町文化センター「ベルフォーレ」 参加者651人)
外来延患者数168,955人、入院延患者数143,102人、病床利用率85.2% (平成16年4月~平成17年3月)
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者750人)
都市エリア事業 連携推進委員会、研究成果発表会
「平成16年度 県立静岡がんセンター 危険物倉庫整備工事」完了
5月 病床数509床へ増床(44床増床)
6月 第2回静岡・アサンがんシンポジウム 開催(長泉町)
7月 「平成17年度 駐車場測量・地質調査・設計業務」契約締結 【東名北側駐車場】
8月 韓国延世大学視察
10月 「平成16年度 県立静岡がんセンター研究所(建築・電気・衛生・空調)工事」完了
中国衛生部附属江蘇医学院 脳神経臨床医学視察訪日団 視察
11月 研究所開所式(知事出席)
ドイツ ノルトラインヴェストファーレン(NRW州)医療関係者 視察
国際経済政策懇話会(SIBA)視察
12月 がん専門看護研修(テーマ「震災時におけるがん看護」12月10日 於ニッセイ静岡駅前ビル 参加者70人
中国脳神経科医師訪日団 視察
平成18年
(2006年)
1月 陽子線治療の先進医療承認
2月 富士山麓産学官金連携推進委員会
3月 静岡がん会議2005開催(テーマ「ファルマバレー構想の新しい波」3月4日 於しおさいホール 参加者140人)
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者800人)
「平成17年度 駐車場測量・地質調査・設計業務」完了 【東名北側駐車場】
外来延患者数188,430人、入院延べ患者数155,181人、病床利用率84.1% (平成17年4月~平成18年3月)
5月 病床数557床へ増床(48床増床)
ブラジル・サンパウロ州政府高官 視察(富士フィルムメディカル(株))
6月 がん患者の口腔合併症と歯科治療講習会6月から12月東部地区8箇所で開催、参加者歯科医師284人、歯科衛生士50人
中国浙江省人民政府職員 視察
第3回アサン・静岡がんシンポジウム 開催(ソウル市)
7月 韓国サムスンがんセンター設立機関団長 視察
8月 「都道府県がん診療連携拠点病院」指定(厚生労働大臣)
9月 がん専門看護研修(テーマ「がん末期患者の在宅ケアを推進するために」9月19日 於静岡市民文化会館大会議室 参加者220人
「平成18年度 静岡がんセンター 北側駐車場(仮称)(建築・電気)工事」契約締結
10月 浙江省人民病院訪日団 視察
11月 メリーランド州立大学長 視察
在京大使館職員 視察
ネブラスカ州訪問団 視察
平成19年
(2007年)
1月 保育所増築設計業務契約締結
富士山麓ファルマバレープロジェクト成果発表会(大阪)(1月30日)
2月 静岡がん会議2006開催(テーマ「新しい薬剤の開発とバイオマーカー」2月10日於しおさいホール 参加者164人)
がん専門看護研修(テーマ「がん看護の最前線~がん患者及び家族の苦痛の軽減と療養生活の質の向上をめざして~」11月17日 於清水マリンターミナル 参加者322人
3月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者500人)
保育所増築設計完了
外来延患者数201,201人、入院延べ患者数166,531人、病床利用率82.5% (平成18年4月~平成19年3月)
富士山麓産学官金連携テクノフォーラム
4月 「平成19年度 静岡がんセンター管理棟建設・本棟改修工事設計業務委託」契約締結
5月 「平成19年度 静岡がんセンター保育所増築工事」契約締結
「平成18年度 静岡がんセンター 北側駐車場(仮称)(建築・電気)工事」完了
6月 第4回静岡・アサンがんシンポジウム 開催(長泉町)
7月 次期病院情報システム基本設計提案協議実施。アクセンチュア㈱を選定
8月 韓国保健福祉部健康保険審査評価院 視察
9月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者380人)
New Mexico Delegation to Shizuoka 視察・ワークショップ
10月 「平成19年度 静岡がんセンター保育所増築工事」完成(定員34人→70人)
第2回山梨・静岡・神奈川三県サミット
12月 「地下薬品庫改修工事」契約締結
ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
平成20年
(2008年)
1月 320列CT導入(更新)
2月 静岡がん会議2007開催(テーマ「ベッドサイドテクノロジー~バイオからロボットまで~」2月16日 於しおさいホール、参加者175人)
「地下薬品庫改修工事」完了
3月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者400人)
「平成19年度 静岡がんセンター管理棟建設・本棟改修工事設計業務委託」完了
外来延患者数208,554人、入院延べ患者数176,645人、病床利用率86.6% (平成19年4月~平成20年3月)
富士山麓産学官金成果発表会
4月 多職種がん専門レジデント制度の創設によるがん専門の医療従事者の養成
5月 「平成20年度 静岡県立静岡がんセンター 外来立体駐車場建築工事」契約締結
「平成20年度 静岡がんセンター管理棟(仮称)(建築・電気・衛生・空調)工事」契約締結
9月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者530人)
台北中日経済文化代表処 科学技術部長 視察
長泉町の国際姉妹都市(ニュージーランド・ワンガヌイ市)訪問団 視察
10月 次期病院情報システム技術提案協議を実施。日本アイ・ビー・エムを選定
11月 「認定看護師教育機関」認定(社団法人日本看護協会)
12月 「平成20年度 静岡県立静岡がんセンター 病院本棟改修工事設計業務委託」契約締結
ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
平成21年
(2009年)
2月 静岡がん会議2008開催(テーマ「地域産業の活性化とファルマバレー」2月28日 於しおさいホール 参加者235人)
浙江図書館交流代表団 視察
3月 がん専門看護研修(テーマ「がん看護の最前線~がん患者および家族の苦痛の軽減と療養生活の質の向上をめざして~」3月7日 於静岡県コンベンションアーツセンター
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者450人)
外来延患者数213,192人、入院延べ患者数177,858人、病床利用率87.5% (平成20年4月~平成21年3月)
富士山麓産学官金成果発表会
4月 「平成20年度 静岡県立静岡がんセンター 外来立体駐車場建築工事」完了
中国衛生部職員視察(日中医学協会)
5月 病床数569床へ増床(12床増床)
7月 川勝平太 静岡県知事就任
9月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者450人)
「平成20年度 静岡がんセンター管理棟(仮称)(建築・電気・衛生・空調)工事」完了
延世大学カンナム・セブランス病院(韓国)視察
10月 がん専門看護研修(テーマ「乳がんの治療と看護の最前線~がん患者および家族の苦痛の軽減と療養生活の質の向上を目指して~」10月17日 於静岡県コンベンションアーツセンター交流ホール 参加者150人
11月 管理棟完成内覧会
中国浙江省 人民第2病院 視察
12月 ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
平成22年
(2010年)
1月 新電子カルテシステム稼動
「平成20年度 静岡県立静岡がんセンター 病院本棟改修工事設計業務委託」完了
「平成21年度 静岡県立静岡がんセンター 病院本棟(先行)改修工事」契約締結
3月 静岡がん会議2009開催(テーマ「静岡県のがん医療の現状~地域医療を守るために~」3月27日 於しおさいホール 参加者237人)
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者420人)
3テスラMRI導入(更新)
外来延患者数218,888人、入院延べ患者数177,488人、病床利用率85.6% (平成21年4月~平成22年3月)
富士山麓産学官金成果発表会
4月 中国衛生部中日友好医院 視察(日中医学協会)
6月 「平成21年度 静岡県立静岡がんセンター 病院本棟(先行)改修工事」完了
7月 「平成22年度 静岡県立静岡がんセンター 病院本棟(建築・電気・機械設備)改修工事」契約締結
8月 皇太子殿下行啓、静岡がんセンターご視察(日本ジャンボリー開会式ご臨席@富士宮市のためにご来静)
9月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者400人)
9月 モンゴル大統領顧問視察団 視察
10月 日中笹川医学奨学金制度研究者 視察(日中医学協会)
11月 静岡県立静岡がんセンターとHOPEがんのないモンゴルとの覚書締結
12月 慶応義塾大学との連携協定締結(医看工連携による共同研究等)
精華大学訪日団 視察(日中医学協会)
ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
平成23年
(2011年)
1月 玉井 直(二代)院長就任
2月 静岡がん会議2010開催(テーマ「医療健康産業クラスターの構築に向けて」2月19日 於しおさいホール 参加者195人)
3月 外来延患者数225,230人、入院延べ患者数183,366人、病床利用率88.3% (平成22年4月~平成23年3月)
浙江大学医学院附属病院 視察
富士山麓産学官金成果発表会
東北地方太平洋沖地震 医療救護チーム派遣開始
6月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者400人)
7月 中国 沸山市(桃太郎社)訪問団 視察
9月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者350人)
ダヴィンチS導入(新規)
10月 モンゴル国教育・文化・科学省 クランダ副大臣 視察
モンゴル国家大会議議員団 視察
11月 第31回日中経済知識交流会視察団 視察
12月 がん専門看護研修(テーマ「肺がんの化学療法と看護の最前線」12月10日 於静岡県コンベンションアーツセンター交流ホール 参加者146人
ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
平成24年
(2012年)
1~3月 中国衛生部中日友好病院医師 研修受け入れ(90日間)
2月 モンゴル国ドルノゴビ県人民会議訪問団 視察
日中笹川医学奨学金制度研究者 視察(日中医学協会)
3月 静岡がん会議2011開催(テーマ「がん医療と最先端の医療・介護ロボット等の技術開発」3月20日 於しおさいホール 参加者277人)
「平成22年度 静岡県立静岡がんセンター 病院本棟(建築・電気・機械設備)改修工事」完成
外来延患者数232,998人、入院延べ患者数185,410人、病床利用率89.0% (平成23年4月~平成24年3月)
富士山麓産学官金成果発表会
4月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者320人)
慶応義塾大学と連携大学院に関する覚書締結(~平成29年3月) 博士課程学位取得等(学費等公費負担)
中国 浙江省衛生医療代表団 視察
中国 河南科技大学第一付属病院 視察
5月 病床数577床へ増床(8床増床)
7月 在浜松ブラジル総領事 視察
8月 中国 人民解放軍総医院海南分院訪日団 視察
韓国 知識経済部等 視察
9月 公益財団法人日本対がん協会朝日がん大賞受賞「がんよろず相談」10年の活動を評価
10月 がん専門看護研修(テーマ「緩和ケアの最前線~あなたの看護は心の痛みを和らげていますか~」10月6日 於静岡県職員会館富士ホール 参加者155人
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者290人)
11月 ロシア連邦・医療改革推進メンバ- 視察
中国 浙江省衛生庁職員 視察
12月 静岡がんセンター創設10周年記念の会(東レ総合研修センター)
ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
平成25年
(2013年)
1月 病床数589床へ増床(12床増床)
モンゴル国ドルノゴビ県研修生 視察
富士山麓産学官金連携フォーラム
3月 静岡がん会議2012開催(テーマ「医療関連分野の総合特区によるイノベーションの推進」3月9日 於しおさいホール 参加者170人)
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者410人)
高エネルギー放射線治療装置導入(更新)、IVR-CT導入(更新)
「平成24年度 静岡県立静岡がんセンター リニアック棟(仮称)設計業務委託」契約締結
外来延患者数245,034人、入院延べ患者数189,032人、病床利用率89.4% (平成24年4月~平成25年3月)
日中笹川医学奨学金制度研究者 視察(日中医学協会)
4月 「特定機能病院」承認(厚生労働大臣)
ダヴィンチSi導入(新規)
モンゴル ドルノゴビ県副知事 視察
6月 シンガポール政府系機関 視察
7月 中国 河南科技大学第一付属病院 視察
8月 がん専門看護研修(テーマ「緩和ケアの視点を取り入れた看取りの介護」8月10日 於静岡労政会館 参加者281人
9月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者350人)
10月 スウェーデン政府・大使館 クラスター 視察
在名古屋米国領事館 サリバン主席領事 視察
中国 河南科技大学第一付属病院 視察(日中医学協会)
ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
11月 ロシア クラスノヤルスク市医師団 視察
平成26年
(2014年)
1月 日本医療機能評価機構 認定更新(一般病院2、3rdG:Ver.1.0)
2月 大阪大学との連携大学院に関する協定締結 博士課程学位取得(学費等公費負担)
モンゴル ドルノゴビ県技術研修員 視察
産学官金連携フォーラム
3月 静岡がん会議2013開催(テーマ「健康・医療分野の成長戦略の実現に向けて」3月8日 於しおさいホール 参加者165人)
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者330人)
PET-CT導入(更新)
「平成24年度 静岡県立静岡がんセンター リニアック棟(仮称)設計業務」完了
外来延患者数256,795人、入院延べ患者数181,790人、病床利用率84.6% (平成25年4月~平成26年3月)
4月 看護師修学資金貸与制度の創設 貸与額 月額5万円(年間60万円)
中国北京近郊民間病院長 視察
5月 「平成26年度 静岡県立静岡がんセンター 放射線治療棟(仮称)増築工事」請負契約締結
6月 がんに関するリハビリテーション研修2月8日 於しおさいホール 参加者147人
7月 がんに関するリハビリテーション研修7月26日 於しおさいホール 参加者187人
8月 医療健康産業の新時代を拓く 静岡ファルマバレープロジェクト~最新の成果と新拠点整備~ (記者向け説明会)
9月 慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者330人)
中国高齢者福祉・介護・医療訪日視察団 視察
日中笹川医学奨学金制度研究者、医療機関 視察(日中医学協会)
10月 がん専門看護研修(テーマ「症状緩和のためのナーシングケア~疼痛・呼吸困難・全身倦怠感があるときにどう対応するか~」10月4日 於しおさいホール 参加者148人
11月 静岡県海外技術研修員(南米・ペルー)視察
12月 平成26年度日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)訪日団 視察(日中医学協会)
ファルマバレープロジェクト成果発表会(東京)
平成27年 (2015年) 2月 院内保育所新築工事設計業務委託~(定員130人)
3月 静岡がん会議2014開催(テーマ「地方創生を牽引するライフサイエンスクラスターの形成に向けて」3月7日 於プラザヴェルデ 参加者147人)
慰霊祭(於:長泉町ベルフォーレ 参列者300人)
「平成26年度 静岡県立静岡がんセンター 6東病棟改修工事」契約締結
外来延患者数267,875人、入院延べ患者数181,866人、病床利用率84.6% (平成26年4月~平成27年3月)

トップへ戻る

がんセンターについて

がんセンターについて