セカンド・オピニオン   

セカンド・オピニオンって何?


セカンド・オピニオンというのは、治療や検査を受けるにあたり、現在ご自分の受診されている担当医以外の医師の意見を聞き、診療方針を決定するため参考にすることをいいます。


どういうときにするの?

★担当医に、診断や治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいか悩んでいるとき
★担当医からいくつかの治療方針を提示されているが、どれが良いか迷っているとき
★他に治療法はないかと考えているとき


どうすればいいの?

必要な書類や予約の有無は、病院によって異なりますが、基本的には紹介状と判断材料となる検査資料などが必要です。これは、患者さんの病気の状況(今までの治療経過や現在の病状)によって、治療の選択も異なることが考えられ、その患者さんの客観的な医学的情報が必要となるからです。セカンド・オピニオンは、診療方針にかかわる「相談」であり、「診察」ではありませんが、相談の精度を上げるため、追加の検査を行うことがあります。


セカンド・オピニオンを受ける効果って何?

★現在の担当医の診断や方針に対する確認ができます
★診断や治療の妥当性(適切性)を再確認することで、納得して治療を受けることができます
★担当医の提示する治療法以外の治療法を得ることもあります

注)静岡がんセンターでは、患者さんやご家族のお申し出があれば、病院内で担当医以外の医師を紹介したり、静岡がんセンター以外の施設の医師に対しての紹介状や資料などを準備いたします。


静岡がんセンターでのセカンド・オピニオンの手続き

静岡がんセンターでは、専門臓器科の医師が対面相談の形式で、患者さん・ご家族(患者本人以外の方)のセカンド・オピニオンを受け付けております。(要予約)
セカンド・オピニオンは「専門医による相談」であり、「通常の診察」ではありません。
セカンド・オピニオンを受けたのちには、必ず一度現在の担当医と診療方針について話し合ってください。その結果、静岡がんセンターでの診察を希望される場合は、改めて「受診」の手続きを行っていただきます。

*セカンド・オピニオンを受けるとき、必要なもの

1)現在の担当医からの紹介状(診療情報提供書)
  (病気の経過や診断、現在までの治療、現在の病気の状態などに関することが書いてあります)

2)検査データ(CT、MRI、超音波診断、病理検査など)
  (現在の担当医に相談して借りてきます)

*がんセンターでセカンド・オピニオンを受けるまでの手続き

1)現在の担当医にセカンド・オピニオンを受けたいことを相談し、セカンドオピニオンの紹介状を依頼し、検査の資料等の借用をお願いします。

2)静岡がんセンターの「予約センター」に電話で予約を入れます。


現在かかっている医療機関から連絡をいただき、予約をお受けすることもできます。
(医療機関からの窓口    医療連携室:055−989−5646(直通))


セカンドオピニオンをご希望される方はこちらを参照してください。



患者さん(又は家族)個人からのご予約は

予約センター:055−989−5680(直通)
(平日 8:30−17:00)

    注)予約の際、「セカンド・オピニオンの予約をとりたい」ということを係の者に
      必ずお伝えください。
      患者本人以外の方のセカンド・オピニオンを予約の場合は、その旨もお伝えください。


ご不明な点やご相談がありましたら、 いつでも、「よろず相談」をご利用ください。